キャッシングの意味とその仕組みを紹介します

キャッシングの意味とその仕組み

MENU

個人と事業者向けのキャッシング&ローン

キャッシングにはいくつかの種類があります。最も一般的なキャッシングとなっているのが、個人を対象としたキャッシングです。その借入は10万から100万前後。ATMや店頭で申し込みができます。それにかかる時間も短く、すばやい審査でキャッシングを利用することができるので、急な出費にも間に合わせる事ができます。

 

50万以下の融資であれば収入証明書などは必要とならないのですが、それ以上となると収入証明書といった、毎月の収入を証明する書類が必要となります。ほとんどの場合、保証人や不動産などの担保は必要とはなりません。ただし、必要ないかわりに、その融資に適用される金利は高めの設定となります。大体、8%から18%といったものとなっています。

 

ちなみに、個人を対象としたキャッシングの場合は、女性や学生を対象としたものもあります。その限度額や金利は通常のキャッシングとはまあり変わらないものとなっていますが、やはりそれなりのサービスはあるようです。

 

そして、個人のキャッシングだけでなく、商工ローン会社を中心とした個人事業主や法人を対象とした融資もあります。個人事業主や法人を対象としたキャッシング…この場合は通常、キャッシングではなくローンといいます。

 

事業者などを対象としたローンでは、その借りられる金額も大きなものとなっています。個人では10万から100万ほどでしたが、事業者用ローンともなると数百万から数千万円となるのです。また、個人のキャッシングでは必要がなかった保証人や不動産などが必要となります。会社の代表者やその家族を連帯保証人にしたり、自宅などの不動産を担保とすることが要求されます。とはいえ、こうしたもしもの際の切り札があるだけに、個人のキャッシングよりもその金利は安いものとなっています。

 

最近では、個人向けにキャッシングをおこなってきた消費者金融やクレジット会社も、事業者を対象としたローンを行うようになってきているのが増えています。

 


キャッシングによる借入先の種類

キャッシングは、借入先によって異なるものとなります。銀行、消費者金融、クレジットカードと大別されます。

 

銀行は都市銀行地方銀行共に、最近では個人向けのキャッシングも積極的におこなうようになっています。他の貸金業者に比べると、その融資可能額は100万から500万と高額。しかも、金利も最大15%ほどとして低めに設定されています。ただし、大手都市銀行などを中心とした、提携先の貸金業者が保証会社になることが必要となります。

 

消費者金融は、その融資可能額が10万から50万と小額。そしてその金利は8%から18%程に設定されています。通常では、保証人や不動産などは要求されません。

 

クレジットカードによるキャッシングでは、その融資可能額は10万から100万ほど。そこまで高い金額での融資はおこなってはいないものの、その金利は15%から20%前後と高いものとなっています。消費者金融と同じく、保証人や不動産などは必要としません。