キャッシングの意味とその仕組みを紹介します

キャッシングの意味とその仕組み

MENU

申し込みと融資はどういった手続きでおこなわれるのか?

キャッシング会社の競争は激しく、その戦いは熾烈なものとなっています。一人でも多くの新規顧客を獲得するためにと、その申し込み方法も便利なものに進化。ちょっと前までは無人契約機での申し込みが主流でしたが、今ではインターネットでも気軽に申し込みができるようになっています。

 

もちろん、店頭での申し込みというのもあります。融資の申し込み書類に氏名や住所、勤務先などの必要事項を記入して、各貸金業者の店頭窓口に出すのです。その申し込み書を元に、信用情報機関に申込者の信用情報を照会し、融資をすることができるかどうかを審査します。この審査を与信審査といいますが、融資が可能と判断されたら契約書を作成し、晴れてキャッシングが利用できるものとなります。

 

無人契約機では、タッチパネルを操作して申し込みをおこなうので、誰にも会うことがなく申し込みをすることができるといったメリットがあります。与信審査の結果、融資可能と判断されれば、その場でキャッシュカードを交付され、ATMで融資を受けることが可能となります。契約書においては後日、自宅に郵送されますので、それに署名・捺印をして返送することで、その手続きが完了します。

 

そして最近の主流であるインターネットでの申し込み。融資の申し込みフォームに記入し、送信するだけで申し込みが完了となるのですから、これほど簡単なものはありません。自宅で思い立ったときにおこなえるという、他にはないメリットがあります。与信審査をクリアーすると、その後に貸金業者から電話やメールで連絡があり、申込者が指定した銀行口座に融資金額が振り込まれることとなります。契約書は後日送られてくるので、署名・捺印して返送します。

 

最近では携帯やスマートフォンからも申し込みができるので、昔に比べるとはるかに便利に、そして気軽に申し込めるものになったといえます。


受取方法、返済方法

キャッシングでお金を借りることができて…となると、そのお金の受け取りはどうするのか?それは、自分の銀行口座に入金してもらうか、もしくは発行されたキャッシングカードを使ってATMで引き落とし…といった受け取り方法となります。では、逆に返済するときはどうしたらいいのでしょうか?

 

返済する方法としては、各金融業者によってもその方法が異なりますが、口座引き落としや指定口座への振込み、ATM、そして店頭窓口に直接持ってくる…といった方法となっています。また、あまり聞かれませんが、コンビニエンスストアでの返済、現金書留での返送、提携銀行などでのATMでの振込みなど…その方法はさまざまなものとなっているようです。

 

そしてその返済方式もさまざま。元金均等返済方式、元利均等返済方式、リボルビング方式の3種類となります。ちなみに、リボルビング方式には定額方式と定率方式、残高スライド方式といった種類とありますが、そこらへんもしっかりとその仕組みを理解しておく必要があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、それらを見比べて選択するようにします。