キャッシングの意味とその仕組みを紹介します

キャッシングの意味とその仕組み

MENU

3つの返済方式

キャッシングで借りたお金の返済方法は、大きく分けて3つあります。元金均等返済方式、元利均等返済方式、リボルビング方式です。

 

元金均等返済方式は、金利の変動によって毎月の返済額が異なるものとなります。元利均等返済方式は、毎月の返済額は一定ではあるものの、金利が変動することによって元金と金利への充当割合が異なるものとなります。リボルビング方式は、複数の取引を一体として、契約者が定めた一定の返済額もしくは一定の割合の金額を毎月返済するものとなります。

 

このリボルビング方式に関しては、さらに細分化されています。定額方式と定率方式、残高スライド方式の3つです。定額方式は、元金もしくは元金と金利を合わせた一定額を毎月返済する方法。定率方式は、元金もしくは元金と金利を合わせた金額を、一定の割合において返済する方法。残高スライド方式は、毎月残っている元金に応じて返済定額、もしくは返済割合を変更していく残高スライド方式に区分されます。


返済方式による違い

お金の返済には、具体的には元金均等返済方式、元利均等返済方式、リボルビング方式とありますが、それぞれ具体的にはどんなものとなっているのでしょうか?

 

元金均等返済方式とは、借入した金額を支払い回数で均等に割った金額と、借入した分の残高に対しての利息を支払う方式です。元金充当額は毎月一定となっているのですが、利息の変動により毎月の支払額が異なるものとなります。元金を返済する期間が短くすむので、支払いをしているうちに毎月の返済額が少なくなると同時に、金利の合計支払額も少なくて済む…といったメリットがあります。ただ、初期の支払い返済額が大きくなってしまう為に、初期の返済に関しては経済的にも大きなものとなってしまいがちです。

 

元利均等返済方式とは、毎月の支払い金額を固定してしまうもの。借入した残高によって利息が変動するので、返済額に対しての元金の充当割合が変動するものとなります。毎月の返済額が変わらないということは、先々の返済計画も立てやすいといったメリットがあります。ただ、残っている元金の残金に対して利息がかかるので、最初の頃は返済額に占める利息の割合が大きく、元金がなかなか減らない…つまりは、返済総額が多くなってしまうといったデメリットがあります。

 

そしてリボルビング方式には、定額方式と定率方式、そして残高スライド方式とあります。定額方式では、元金定額リボルビング方式と元利定額リボルビング方式とにさらに分けられます。前者は毎月の支払い額の元金充当金額が固定されており、借入残高に応じた利息と一緒に支払います。後者は借入額に対しての利息から、毎月支払う利息分を定額として、残りの支払い額が元金に当てられます。
定率方式でも、元金定率リボルビング方式と元利定率リボルビング方式とに分けられます。前者は毎月の〆日における借入残高を確定し、指定した割合で返済します。後者は借入残高に利息を加えた額に対して指定した割合で返済します。
最後に、残高スライド方式では、あらかじめ借入残高をランクわけし、ランクによって一定の返済額などを決め、返済をおこなう方式となっています。